トップページ > ガス物流

事業内容


当社独自のノウハウによって、さまざまなガスを安定供給します。

当社は創業以来、”ガス供給のパイオニア”岩谷産業の専属輸送部門として数々のガス輸送を手掛けてまいりました。
酸素・アセチレンの配送から始まり、家庭用プロパンの普及を促進したLPG、LNG、幅広い産業で活用される窒素など各種産業ガス輸送の高い実績と豊富なノウハウを誇ります。

日本で初めて、宇宙ロケット燃料に用いられる液化水素の輸送に取り組んだことも大きな基礎となっています。こうした実績やノウハウを築いてきたのは、ガスの特性を熟知する先鋭スタッフと、多種多様なローリー運送に他になりません。当社はこれからも、ガス輸送のエキスパートとして、貨物の特性に応じた高度な品質管理、スムーズな輸送、安定供給を実現します。

  • LPG

    LPGローリー

    一般家庭で使われているガスはLPガスと都市ガスですがこのLPガスは正式名称を液化石油ガス(Liquefied Petroleum Gas)といい、文字通り石油系のガスです。常圧で原 油に熱を加えて蒸留すると、各種の石油ガスやガソリン、灯油、軽油、重油といった油分のグループに分離します。この最初の段階で発生するのがプロパンやブタンといったLPガスです。LPGは常温常圧の状態では気体ですが約7気圧を加圧するか、マイナス42度まで冷却すると液化し250分の1の容積になるので、液化した状態で輸送しています。

  • LNG

    LNGトレーラー

    LNGとは主に都市ガスの原料となるもので正式名称を液化天然ガス(Liquefied Natural Gas)といい、メタンを主成分とする天然ガスを冷却・液化したものです。地殻にガス単独で蓄えられているものを構造性ガス(ガス田ガス)、原油と共存しているものを油 田ガス、地下水に溶解しているものを水溶性ガスといい、それぞれ油田地帯、ガス田地帯から産出する無色透明の高カロリーの可燃性ガスで、古代の動植物が土中に堆積して生成されたものと一般的に言われています。天然ガスは国内の一部でも産出されますが、大部分は海外からの輸入で、マイナス162度まで冷却しますと液化し、その体積は600分の1という小容量になり、LPG同様液化した状態で輸送しています。


  • 液化水素

    液化水素ローリー

    水から生まれ水に還るエネルギーで、しかも他の化石燃料のように燃焼によって二酸化炭素(CO2)や硫黄酸化物(SOx)を出すことのない液化水素はエネルギーの安定供 給と環境保全を一挙に実現する究極のクリーンエネルギーとして注目されています。現在はロケット燃料が中心で、当社はJAXA(宇宙航空研究開発機構)への輸送も取り組んでおり、独自の輸送ノウハウを確立しており日本で最初のH-Iロケットの燃料である液化水素も当社が輸送しています。液化水素はマイナス253度という低い温度で液化し単位重量あたりの発熱量が非常に高い為、輸送・取扱に関しても高度な技術が必要です。

    ※近年では液化水素を使用する企業も増加しており、又近未来の自動車燃料(燃料電池車)としても注目され水素ステーションも建設され、運用されています。

  • ヘリウム

    ヘリウム車

    主に光ファイバーや医療の断層写真用(MRI)、レーザー、半導体製造などに利用されています。マイナス269℃で液化する極低温特性で極限技術、先端技術に欠かせないガスですが全て輸入品でアメリカでは戦略物質扱いの大変貴重なもので輸送・取扱についても高度なノウハウと技術が必要です。

  • 液化酸素

    液化酸素ローリー

    酸素は大気中21%含まれており、窒素とはまったく反対に科学的に非常に活性がたかく他のものを酸化する力が強く多くの元素と化合します。工業用の炉の吹き込みや鋼材の溶接・切断、また医療分野や排水処理、ロケット分野等様々な分野で利用されています。

  • 液化窒素

    液化窒素ローリー

    窒素は大気中約78%含まれており、酸素と違って他のものと化合することがなく不活性元素と呼ばれていますが、高温高圧においては他の物質と反応し、アンモニアや尿素など科学工業の重要な原料となります。液化窒素はマイナス196度の超低温度で冷凍技術でも生かされているほか、不活性という特性を利用して食品の酸化防止にも利用されています。


  • 液化炭酸ガス

    液化炭酸トレーラー

    炭酸ガスは大気中に0.03%程度存在していますが、理科で習ったように特に植物の成長に欠かせない物質です。基本的には産業界から排出されるガスを固定化して再利用しており、清涼飲料水、ドライアイス、植物の栽培利用、鉄工の溶接用等様々な分野で利用されています。


このページの上に戻る