CSR

環境活動

  • 環境方針
    岩谷物流ではイワタニグループの一員として「イワタニグループ環境憲章」を共有し、地球環境の問題へ積極的に取り組んでいます。
  • 岩谷物流グループの環境方針
  • 環境配慮型経営の推進
    地球温暖化や大気汚染が深刻化する現在、CO2削減、環境保全に配慮した事業活動を推進することは、環境負荷の大きい運送業界の社会的責任です。 当社では、エコドライブの推進、低公害車の導入、走行距離に応じた車両の点検整備、廃棄物の適正処理等に積極的に取り組み、環境負荷の低減に努めています。
  • エコドライブ報奨制度
    最高速度、急発進回数などについての基準値に基づき、関連会社8社の乗務員約200名の運行データを解析し、乗務ごとに100点満点で評価しています。また、「エコドライブ運転ランキング」の発表を行い、成績優秀な乗務員及び事業所には報奨品と感謝状を贈呈しています。

安全活動(安全教育)

  • 安全推進室を設置し、乗務員の安全輸送・作業の徹底を図っています。





  • 運行管理者スキルアップ研修会
    当社では毎年、関連会社、協力会社の運行管理者を対象に東京、大阪の2会場で「運行管理者スキルアップ研修会」を開催し、「事故事例」、「運行管理業務の留意事項」、「運輸安全マネジメント」等について指導を行うことで、運行管理者のより一層の安全意識向上に取り組んでいます。
  • 液化水素乗務員社内資格制度
    イワタニグループは究極のクリーンエネルギーである水素にいち早く着目し、その歴史を切り拓いてきました。現在水素のトップサプライヤーとして、来るべき水素エネルギー社会に向けたインフラ整備を進める中で、全てに優先するのは「安全対策」です。 当社では液化水素乗務員に対して社内資格制度を設け、「液化水素乗務員社内資格取得研修会」を毎年実施しているほか、有資格者に対してもフォローアップ研修会受講を義務づけ、安全輸送体制に万全を期しています。
  • ローリ横転事故想定訓練
    スリップ事故等により高圧ガスローリが横転した場合、タンクの真空性能破壊による圧力上昇が進行し、最悪爆発に至ることも想定されます。 そのため、当社では「ローリ横転事故想定訓練」を実施し、ローリの早急な復旧、移充填、液放出といった適切な緊急処置の訓練を重ねています。

法令遵守

内部監査室を設置し、関係法令等ルールを遵守することを徹底しています。

事業推進(液化水素輸送事業)

近年、クリーンなエネルギーとして注目されている「水素」などを輸送することで、地球環境に配慮した事業活動に貢献しています。

地域活動

主な拠点で、清掃活動などに取り組み地域とのコミュニケーションを図っています。

情報管理

個人情報保護方針を制定し、個人情報は勿論、機密情報の漏洩防止を徹底しています。

このページの上に戻る

イワタニグループ 環境憲章 住みよい地球がイワタニの願いです

基本理念

イワタニグループは、地球環境との調和が企業の存在と活動に必須の要件であるという認識に立ち全ての事業活動において環境負荷の低減に努め持続可能な発展に寄与する国際複合企業集団を目指します。

行動指針

自然環境との調和

自然生態系に配慮した、資源及びエネルギーのエコ・エフィシエンシー(環境効率)の向上を目指すとともに、環境技術の開発ならびに、資源のリサイクルを推進します。

環境関連法規の遵守

日本および当該国の環境法令・規則および国際条約等を遵守し、地球環境の保全に努めます。

地域社会との共生

良き企業市民として環境保全に貢献し、地域社会との共生に努めます。

環境マネジメントシステムの推進

基本理念の実現のため、環境管理体制を構築し、不断の継続的な改善に努めます。

啓蒙活動の推進

グループ全社員の環境意識の高揚を目指し、教育・広報活動を推進します。

このページの上に戻る